images

Webライティングのマナー(1)


Webライティング(コンテンツSEO)は、Webを介して全世界に情報が発信されるため、コンテンツの内容以上に気を付けなければいけない点がいくつもあります。
コンテンツの魅力を追求するのも大事ですが、表現方法や言葉遣い、法令に関する説明など、掲載内容にかかわる全ての問題を取り除いておく必要があります。

Webライティングでは、たった一言の不用意な発言が大きな問題を引き起こすリスクも十分に潜んでいるので、常に細やかなチェックを心がけましょう。

今回はWebライティングのマナーについてご紹介します。

【各法令を遵守しているか確認しましょう】

Webサイトに取り扱う商品や情報によっては法令上、必ず記載しなければならない文言などがあります。

基本的には、すべての商用サイトには何らかの法令に基づいた表示義務事項や禁止事項があると思って下さい。
実際にサイト上でビジネスを行っていないとしても、Webライティングをする以上、知識として知っておかなくてはいけません。

Webライティングの世界では、ほんの少しのミスが企業のイメージダウンや損失につながることも珍しくありません。
もし、社内チェックや判断が難しいのであれば、絶対に専門家に協力を要請しましょう。

SEOコンテンツやWebライティングを下請けに頼んでいる場合は、依頼しているWebライティング企業に任せた方が無難です(レイズは法令について、各分野の専門家に監修してもらっています)。

【モラルに欠ける言葉をチェック】

最近になって、Webライティングにおける「言葉のマナー」はシビアになってきました。
特に「放送禁止用語」「出版禁止用語」に該当する言葉はコンテンツに1語あるだけでも、企業の倫理観が疑われると思ってライティングすることをオススメします。

差別用語、暴力的表現、他社の批判などは徹底的にチェックしましょう。

【第三者の知的財産権を侵害していないかチェック】

Webの世界は広すぎるため、同じ文言を見つけることもあるでしょう。
それが何度も続くと「このWebライティングは、実はどこかから引用してきたのでは?」と思われることもあります。
何らかのきっかけで指摘された時は、できるだけ違う表現にしましょう。

自社でWebライティングをしている方は対応が大変かもしれませんが、Webライティング下請けサービスを依頼している企業は安心してよいでしょう。
なぜなら、Webライティングサービスを提供している企業は専門のライターがいるため、異口同音にすることはお手の物です。

こういう時こそWebライターに頼ってみましょう。


webライティングマナー Webライティング

レイズ編集部 • 2015年11月13日


Previous Post

Next Post