ライティング

Webライティングのマナー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Webライティング(コンテンツSEO)は、Webを介して全世界に情報が発信されるため、コンテンツの内容以上に気を付けなければいけない点がいくつもあります。
コンテンツの魅力を追求するのも大事ですが、表現方法や言葉遣い、法令に関する説明など、掲載内容にかかわる全ての問題を取り除いておく必要があります。

Webライティングでは、たった一言の不用意な発言が大きな問題を引き起こすリスクも十分に潜んでいるので、常に細やかなチェックを心がけましょう。

今回はWebライティングのマナーについてご紹介します。

【各法令を遵守しているか確認しましょう】

Webサイトに取り扱う商品や情報によっては法令上、必ず記載しなければならない文言などがあります。

基本的には、すべての商用サイトには何らかの法令に基づいた表示義務事項や禁止事項があると思って下さい。
実際にサイト上でビジネスを行っていないとしても、Webライティングをする以上、知識として知っておかなくてはいけません。

Webライティングの世界では、ほんの少しのミスが企業のイメージダウンや損失につながることも珍しくありません。
もし、社内チェックや判断が難しいのであれば、絶対に専門家に協力を要請しましょう。

SEOコンテンツやWebライティングを下請けに頼んでいる場合は、依頼しているWebライティング企業に任せた方が無難です(レイズは法令について、各分野の専門家に監修してもらっています)。

【モラルに欠ける言葉をチェック】

最近になって、Webライティングにおける「言葉のマナー」はシビアになってきました。
特に「放送禁止用語」「出版禁止用語」に該当する言葉はコンテンツに1語あるだけでも、企業の倫理観が疑われると思ってライティングすることをオススメします。

差別用語、暴力的表現、他社の批判などは徹底的にチェックしましょう。

【第三者の知的財産権を侵害していないかチェック】

Webの世界は広すぎるため、同じ文言を見つけることもあるでしょう。
それが何度も続くと「このWebライティングは、実はどこかから引用してきたのでは?」と思われることもあります。
何らかのきっかけで指摘された時は、できるだけ違う表現にしましょう。

自社でWebライティングをしている方は対応が大変かもしれませんが、Webライティング下請けサービスを依頼している企業は安心してよいでしょう。
なぜなら、Webライティングサービスを提供している企業は専門のライターがいるため、異口同音にすることはお手の物です。

こういう時こそWebライターに頼ってみましょう。

【掲載情報の間違いや誤解を与える表現をチェック】

コンテンツSEOの代表とされるWebライティングは、企業のコマーシャルも兼ねているためWebライティングの出来は企業イメージを左右するといっても過言ではありません。
そのため、コンテンツSEO(コンテンツ+SEO)を目的としたWebライティングには、コンテンツの内容以上に表現やルールに気を使うべきです。

ユーザーは企業を専門家として捉え、サイトに掲載されている情報を信じて商品を「購入」「登録」といったコンバージョン行動をとります。

明らかに誤った情報や誤解させるようなWebライティングだと確実にトラブルの原因となります。
最低限、商品名、価格、納期といった固有名詞や数字(型番)は掲載前にチェックしておきましょう。
また注意事項や行き過ぎたセールストークがないか、しっかりWebライティングを確認しましょう。

【言葉の間違いがないか確認しましょう】

Webライティングは、不特定多数の方に情報が発信されるので言葉の間違い(誤用)は企業の知的レベルを疑われかねません
当然、間違ったWebライティングは、ユーザーの誤解を招きます。
おそらく、自社でWebライティングを行っている企業のほとんどが正しい言葉使いが出来ていないと思われます。
この理由は簡単です。

Webライティングのプロがいないためです。

Webライターは基本的にSEOの知識と高い文章能力がないと務まりません。
企業の担当者レベルだとブログのような文章になりがちになります。
そのため、最近になって大手の企業がコンテンツSEO(Webライティング)だけは、プロに依頼する様になってきました。

言葉の間違いは、言葉の専門家にチェックしてもらいましょう。

【環境に依存する文字は控えましょう】

この項目は、Webライティング特有の注意事項といえます。

例えば、ローマ数字、丸付き数字、カッコつきの省略文字――。

これらの文字の多くは、異なるOS間で文字化けやプログラム異常といった問題を引き起こす危険性があります。
一部、文字参照という方法で回避できる文字もありますが、使わない方が無難です。
問題のありそうな文字やリスクがありそうな文字は頭に入れておき、Webにアップ後、ツールなどでもチェックしてみましょう。

Webライティングは全世界に発信しています

せっかく書いたWebライティングをスマートに見てもらえるように、これらはマナーという意識で取り組みましょう。

こちらの記事もオススメで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加