chess-316657_640

Webマーケティングの可能性は無限大


レイズには「初めてインターネットビジネスを開始するのですが・・・」というご相談を多くいただきます。
その中でWeb担当者様や社長様・マーケティング部長様などから「Webマーケティングとは何か?」というご質問を頂くことが多々あります。

1.【Webとマーケティングという言葉から意味を考える】

まず、マーケティングとは「事業の現状を分析・考察した上で、企業の成長に繋がる戦略や施策を考え、目標と現状のギャップを埋める作業を行うこと」を指します。
つまり、企業の成長を継続させる考え方や取り組みの事です。
そしてWebマーケティングの「Web」なのですが、まずは「Web」についての認識を整理しましょう。

皆さんも「インターネットマーケティング/ネットマーケティング」と「Webマーケティング」は同じものなのかどうか、と疑問に思ったことはありませんか。
今のビジネスシーンでは、ほぼ同じ様に使われています。
しかし、厳密にいえば、「インターネット」はコンピュータ・ネットワーク自体を指す言葉です。
一方、「Web」は、インターネット上で提供されるコンテンツやアプリケーション(技術)を指すので、インターネットとは定義が異なります。
こうした定義を前提にすると、本来インターネットマーケティングとは、テクノロジーに寄ったマーケティングを語るときに使います。
対して「Webマーケティング」は企業の事業活動や販促活動に寄ったマーケティングを指して使われる意味合いが強いです。
これらのことから、総合Webマーケティング会社であるレイズは、「ネット」ではなく「Web」という言葉を使わせて頂いております。

2.【Webにはまだまだ無限の可能性が眠っている。それを掘り起こすのがレイズ】

さて、「Web」という言葉は、実に広範囲です。
Twitter、mixi、FacebookなどのSNS。
Yahoo!JAPANや@niftyなどのポータルサイト。
Amazon、楽天などのEC(ネット通販)。
Mobage、GREEのソーシャルゲーム。
ホームページ、ブログ、リスティング広告、メルマガ、バナー広告――キリがありません。
また、こうしたサービスを利用したデバイスもPCだけでなくモバイル、デジタルサイネージ(電子看板)、など様々です。
Webは実に多種多様で、これからもさらに需要が増していくことが予想されます。
これをマーケティングに活かすということは「Webマーケティングには無限の可能性が眠っている」と考えられませんか。
総合Webマーケティング会社のレイズでは、お客様の問題解決のためにすべてのWebコンテンツを利用して、お客様の目標達成を実現いたします。


webコンサルティング

レイズ編集部 • 2015年9月22日


Previous Post

Next Post