writer-605764_640

Webライティング上達の心得(3)


効果的なWebライティングにはテクニックが必要です。
メッセージをハッキリと伝える方法やWebライティングならではの書き方があります。
もちろんWebライティングはSEO対策の片翼も担っています。
Webライティングはユーザーにも検索エンジンにも効果があるので、上達する心得を知っておくことはSEO対策にも使えます。

今回はWebライティング上達のコツを4点だけ、ご紹介いたします。

【伝えたい事はハッキリと文字にする】

Webライティングも文章であることには変わりません。
文章は「明確に文字にする」からこそ伝わります。
基本的に文章にしていないメッセージは伝わらないと考えてもいいでしょう。

「ライティングの下請けは株式会社レイズにお任せください!」というメッセージを例にすると、『ライティングの下請けはレイズ!』でも伝わりますが、『レイズのライティングは丁寧でNo1!』と書いても、抽象的過ぎてユーザーに伝えたいメッセージは届きません。
話を盛り上げるために表現するのは結構ですが、主張する部分に関しては余計な小細工をせずにストレートに伝えましょう。
「読者は分かってくれる」と思ってはいけません
読者が理解しようと努力しなくても、メッセージを伝えられるライティングを目指しましょう。

【なるべく優しい言葉を使う】

Webライティングは、言葉の選び方次第で印象が大きく変わります。
会話では声色や声の大きさなどでニュアンスを掴めますが、文章の場合は言葉だけで伝えなければいけないため、単語一つでもシビアに選定する事が望ましいです。

また読者はダイレクトに聞き返すことができないため、知らない言葉が一つ混ざっているだけでも、誤解を生んだり、間違って理解されてしまうような場面が生まれます。
難しい言葉は専門性や知的に感じられるところもありますが、Webサイトからは不特定多数に情報が発信されています。
そのため、ターゲットを絞らずに「誰にでも確実に伝わる文章」を意識した方が、結果的に優良コンテンツへと成長することでしょう。

【理由は詳しく、なるべく多めに】

はじめて目にする言葉や商品に対して、ユーザーは疑心暗鬼で読み始め、簡単には信用してくれません。
ユーザーを顧客に変えるためには、不安を払拭できるだけの十分な説得材料を用意しましょう。
成約・購入による効果や効用だけを伝えるのではなく、それを裏付ける根拠、検証データ、信憑性のある第三者の評価など、ユーザーに納得してもらえるだけの具体的な理由を忘れずに掲載しておくと良いでしょう。

【イラストや図版を積極的に使う】

人間は情報を整理する時、自分の経験と結びつけながら理解を深めていきます。
言葉の上ではしっかり意味が通じているのに、今ひとつ感覚的に伝わりにくい時には、身近なことを題材にして挙げておけば、かなり理解度は高くなるはずです。

また、説明が難しい情報は無理に文章にせず、図版イラスト(インフォグラフィック)で説明して、ライティングで補足する、という風に工夫した方がより効果的に伝わります。
そもそも人は挿絵がある文を好みます。
画像を使うことでページにも彩りが加わり、視認性も高くなるでしょう。

レイズは、Webライティングの下請け、Webライティングを主軸にしたコンテンツ作成、およびコンテンツSEOサービスを提供しています。
サンプルライティングも承っておりますので、ご興味がある方は是非、お気軽にご連絡ください。


webライティング

レイズ編集部 • 2015年8月1日


Previous Post

Next Post