73693c64e1962ac8b250e411df2c1911_s

Webの特性を知り、WebライティングとコンテンツSEOに活かす


多くのユーザーは、検索エンジンを経由してWebサイトを訪問してくれます。

検索エンジンは、ユーザーが指定したキーワードと関連性の高いページを表示します。
そのためWebサイトの全てのページにユーザーを呼びこむ可能性があります。
ユーザーは「必ずトップページから来る」と思い込んではいけません
そして全てのWebページにおいてユーザーを呼び込みやすくさせる方法がコンテンツSEOであり、Webライティングの技術なのです。

WebライティングもコンテンツSEOも、1ページ内で「ある程度の情報」が簡潔するようにしておくのが基本です。
もし、WebライティングやコンテンツSEOのコンテンツが“続き物”だった場合、ページ内に関連情報を案内するナビゲーションを配置したり企画のトップページへリンクさせるなど、ユーザーがどのページから入っても“求める情報”に辿りつけるように工夫しましょう。

【Webライティングの信頼性を高める】

Webは誰でも自由に情報を発信できるメディアです。そのため、ウソやミスリードされる情報もたくさんあります。
ある程度の「暗黙の了解」があるといえます。
ユーザーも、常に騙されることを警戒していると言っても過言ではありません。

商品の紹介ページに、ただ「お得」「高性能」と書いてあっただけは「ただの宣伝」と思われても仕方ありません。
商品ページや説明ページには、科学に裏付けられた情報や第三者機関による証明などを提示して少しでも説得力を高めましょう。
WebライティングおよびコンテンツSEOにはユーザーに信用してもらうための努力が必要不可欠です。

【Webライティングは簡単に修正でき、情報の制限もない】

雑誌や新聞は一度、印刷してしまうと修正できません。
しかしWebライティング(またはWebライティングによるコンテンツSEO)は即座に修正ができます。
このスピード感がWebライティング(コンテンツSEO)のメリットでもありますが、ユーザーが「信用できない」と疑問を抱く所でもあります。
ですが、ほとんどのサイトは多少の誤解を恐れずにスピードを重視する傾向があります。
その理由は、ユーザーは常に最新の情報がサイトに掲載されることを望んでいて、頻繁に更新されるサイトをより好む傾向があるためです。
特に企業サイトの場合、ずっと手付かずのまま放置してしまうことは、マイナスイメージでしかありません。
活気が無い、ヤル気が無いと思われても仕方ありません。
そうならないためにも、1記事1万円を月4回、管理費など込みで1万円、計5万円/月だとしても、WebライターやコンテンツSEOの業者に依頼して、企業の活動をユーザーにお知らせすることが大切です。
また、ITが当たり前の現代において、Webサイトが弱いということは「私たちの企業は時代に乗り遅れています」と全世界に発信していることになります。
こうしたマイナスイメージを払拭するためにも、定期的なサイトの更新は不可欠です。

レイズは、企業の知らない企業の特色を引き出し、ターゲットにお届けする技術があります。
ご興味がある方は、是非ご連絡ください。


SEO対策ホームページ制作

レイズ編集部 • 2015年7月27日


Previous Post

Next Post