writer-605764_640

Webライティング上達の心得(1)


「学問に王道なし」と言われるように、Webライティングの上達方法にも王道はありません。
読みやすく、解りやすく、魅力的なライティングができるようになる為には、試行錯誤と経験を積んでいくしかありません。
しかし「Webライティング初心者」から抜け出す方法は意外と簡単です。
今回は、意識するだけでWebライティングが上手になる、ちょっとしたポイントをご紹介します。

【なるべく多くの情報と資料を用意しておく】

Webライティングは、Webを通じて情報や思考を文章で伝える技術です。
ライティングをする上で必ず必要となるのがテーマ(土台)とネタ(材料)です。
テーマが無ければライティングのメッセージ性が失われますし、ネタ(材料)が足りなければ中身がスカスカになります。
中身がスカスカなライティングは、サイトの充実度およびリピートに結びつきます。  
逆にネタ(材料)が豊富にあるのであれば、それらの情報を適切な形に組み立てていくだけで済みますし。
Webライティングを始める際は、まずテーマを決め、ネタ(材料)集められるだけ集めてから着手すると良いでしょう。

【気になるライティングの手法を研究する】

「学ぶ」という言葉は「真似る」と同じ語源です。
何かを学ぼうとするなら、目標とする作品の真似から始めるのが良いでしょう。
Webライティングも、ゼロから自分で考えて書き始めるよりも、何かを参考にしながら書く方がずっと楽なものです。
ただし、「参考」だからといって、他人のライティングのアレンジだけでは上達しません。
まずは、積極的に他人のライティングに目を通してみましょう。
そうすることで「ユーザーに解りやすく伝えるための構成のポイント」「ユーザーが好む説明・表現手法」が解ってくると思います。
また、比較対象が多ければ多いほど、それぞれの長所・短所が見えてきます。
最終的には、自分が伝えたいことをどのようにして伝えればいいのか「自分なりの解法」が見つかるはずです。

【ライティングの時間は余裕をもって確保する】

Webサイトの情報の大半はテキストが占めています。
つまり、Webコンテンツの要はライティングといっても過言ではありません。
Web制作に不慣れな方や初心者は、キャッチ画像やアイコン、レイアウトといったビジュアル面だけを重視しがちですが、SEOのプロはテキスト(Webライティング)の重要性と「Webライティングは時間がかかる」という事をよく知っています。
ただでさえ、あまり文章を書き慣れていない人にとって、ライティング作業というのは時間がかかるものです。
頭の中で「アレとコレを書いて、こうやってまとめよう」と思っていても、いざ書き始めてみるとライティング作業が進まなかったりします。
特にテキストコンテンツの制作は、Web制作の作業時間の中でも多くの時間を必要としますので、時間に余裕をもって取り組みましょう。

【構成を決める段階で、細かい内容まで詰めておく】

Web制作の現場では、デザインやレイアウトを早く確定させるために、ページタイトルだけを羅列した構成案を作成する事がよくあります。
しかし、内容を詳しく考えずに作った構成はハッキリいって意味がありません。
後で必ず面倒な修正作業やリスケジュールに追われる事になります。
Webライティングをはじめる際は、タイトル、要点、大まかな内容、小見出し、伝えたい情報までを決定しておくべきです。
ボリュームと内容(質)の概要が分かることが、ライティングのガイドとなります。

レイズは、Webライティングの下請け業者としてサービスを提供していますが、Webライティングを主軸にしたコンテンツ作成およびコンテンツSEOも得意としています。
もし、ご興味が御座いましたら、お気軽にご連絡ください。
サンプルやお試しでのライティング作成も承っております。


webライティング

レイズ編集部 • 2015年7月30日


Previous Post

Next Post