writer-605764_640

Webライティング上達の心得(2)


魅力的なWebライティングに近道はありません。
何度も文章を見直す、ユーザーのレスポンスを確認しながら改善していく、といった地道な努力の積み重ねが大切です。
上手なWebライティングはサイトだけでなく、コンテンツ・マーケティングもサポートします。

今回はWebライティング上達のコツを4点ご紹介いたします。

【情報は適度な大きさで区切る】

Webライティングの解りやすさの基本は、文章を「少ない単位でまとめる」「1~2つの情報で区切る」ことです。
具体的には、読点(、)や句点(。)で区切って、一文の長さを短くまとめていくことで見やすくなります。

箇条書きを活用するなどして、情報を分ける工夫をしておけば、意味の切れ目もハッキリし、情報を頭で整理しやすくなるため、解りやすい文章が生まれます。
書き手にとっても、一度に整えなければならない文章の範囲が限定できるので、作業効率が上がります。
新聞記事は文章でなければいけませんが、Webライティングの表現方法には制限がありません。
極端な話、一文ごとに段落を区切るようなスタイルでも問題ありません。

【気になるライティングの手法を研究する】

「学ぶ」という言葉は「真似る」と同じ語源です。
何かを学ぼうとするなら、目標とする作品の真似から始めるのが良いでしょう。
Webライティングも、ゼロから自分で考えて書き始めるよりも、何かを参考にしながら書く方がずっと楽なものです。
ただし、「参考」だからといって、他人のライティングのアレンジだけでは上達しません。
まずは、積極的に他人のライティングに目を通してみましょう。
そうすることで「ユーザーに解りやすく伝えるための構成のポイント」「ユーザーが好む説明・表現手法」が解ってくると思います。
また、比較対象が多ければ多いほど、それぞれの長所・短所が見えてきます。
最終的には、自分が伝えたいことをどのようにして伝えればいいのか「自分なりの解法」が見つかるはずです。

【結論を先に伝える】

新聞記事やニュース、論文などでは、見出しや説明の冒頭で話の結論を先に伝えた後に、その根拠となる詳細や説明文が始まります。
結論を先に伝えておくことで、読者は心の準備ができます。
また、内容も早く理解できるので、説明に要する労力が最小限で済みます。

書く側としても、結論を先にハッキリとさせておくことで、後はその根拠を挙げていくことに集中できます。
結論をリードとしておけば、その後の内容(説明)がブレることも少なくなります。
日本のほとんどのメディアは「結論→説明」のスタイルになっているので、この構成をマネしてみると良いでしょう。

【重要なところは目立たせる】

ユーザーに強く説明したい情報やセールスポイント、注意事項などは目立たせましょう。
伝えたい事を目立たせることで、ユーザーが情報を見逃してしまうことを防ぎ、印象にも残りやすくなります。
「重要な情報を見出しに含める」「文字サイズや太さ、色などを工夫して見栄えを良くする」「強い表現・断定的な表現を使ってみる」「繰り返し何度も記載する」といった強調手法を覚えておくと良いでしょう。
ただし、あまりにも極端な強調は過剰表現だとして嫌われることがあります。
また、ページ内が強調された情報だらけになると、かえって効果が薄まりますので強調表現はほどほどにしましょう。

レイズは、Webライティングの下請け業者としてサービスを提供していますが、Webライティングを主軸にしたコンテンツ作成、およびコンテンツSEOも得意としています。
もし、ご興味が御座いましたら、お気軽にご連絡ください。サンプルやお試しでのライティング作成も承っております。


webライティング

レイズ編集部 • 2015年7月31日


Previous Post

Next Post