fe9f02d1b4dfe5aa26f0c246606bfa36_s

複数の広告文をテストして品質スコアを改善する


リスティング広告

リスティング広告の「品質スコア」の評価には、広告のクリック率が大きく関係します。
クリック率を高めるためには、随時、新しい広告文をテストしていくことが望ましいです。

【クリック率からヒットする広告を見つけ出す】

「Google AdWords」と「Yahoo!リスティング広告」の両方ともに、2つ以上の広告文を設定してテストをする機能があります。
具体的には、「まったく同じ確率で、均等に広告が表示される機能」と「クリック率が高い広告を優先的に表示できる機能」があります。
運用の時間をあまり取れない場合は、後者の「クリック率が高い広告を優先的に表示できる機能」を利用してもいいのですが、より正確なデータを取りたい場合は、「均等に表示する」設定で常に2つ以上の広告のクリック率をチェックし、良い物を残しつつ新しいものをテストするといったように日々の改善を行うようにしてください。

【リスティング広告はメリットを正確に表現するとクリック率が上がる】

クリックされやすい広告文のコツを下記に簡単にまとめてみました。

1.広告文の中にキーワードが含まれている

たとえば、「リスティング」というキーワードで広告を出したにも関わらず、広告文の中にキーワードが含まれていない場合は、関連性が低いと見なされます。

【良い広告文の例】
【悪い広告文の例】
リスティング広告の依頼はこちら
500社が納得のリスティング広告
ネット集客力にはリスティング!
専門のスタッフが管理します
500社の成功実績が魅力です。
依頼から丁寧なスピード対応

良い広告文の例では「リスティング」「リスティング広告」というキーワードがありますが、悪い広告文には「リスティング」も「リスティング広告」も書いておらず、水道工事の宣伝文句としても使えそうです。
効果が高いリスティング広告は明確なキーワードを打ち出し、ハッキリとユーザーにメリットを伝えるようにしましょう。

2.広告文の中に、利用者にとっての具体的なメリットを表現する

もし、自分が検索エンジンで何か商品やサービスを探しているとしたら、当然「安い」「高性能」など具体的なメリットが書かれている広告文に目が行くことでしょう。
それは、ユーザーも同じです。
要は、商品を探しているお客様にとってメリットが解る文章を作ればいいのです。
例えば、広告表現の中に「80%OFF」や限定10社といった具体的な数値を入れると、検索社の目を引くことが出来るので、オススメです。
リスティング広告の場合は、少ない文章の中でこれらのメリットをはっきりと表現する必要があります。
欲張りすぎて中途半端にならないように、メリットは絞って表現するようにしましょう。
具体的には、下記の4つのどれかに絞ると良いでしょう。

・価格訴求型→ どのくらい安いのかを強調
・機能訴求型→他の商品よりもどのくらい優れているかを強調
・稀少性訴求型→、個数限定、期間限定などを橋梁
・センス訴求型→海外からの輸入など、ステータスやブランド価値を強調。


marketingマーケティングリスティング広告

レイズ編集部 • 2015年10月24日


Previous Post

Next Post