bsPAK85_notepc20150319202127

ボリューム不足を回避するテクニック


Web担当者のお悩みの中で、意外と多いのがコンテンツのボリューム不足に関する問題です。
特に「サービス概要や会社概要などのページに書くことが特にない」というお悩みが多いです。
たしかに大雑把な説明ページでアレコレと細かく説明してしまうと、少し鬱陶しいですね。

Webサイトを「大雑把に説明するページ」「専門的なページ」と分けておくことで広い層のユーザーにアピールできます。
また、ユーザビリティも向上します。
そして、レイズがクライアントにヒアリングしたところ、多くのweb担当者が「簡潔にする=ボリュームを減らす」と考えていることが分かりました。
そのためか、企業説明のページやサービスのガイドラインページには、簡単な言葉を並べただけのチープな印象のページが数多く見受けられます。
しかし「簡潔にする=ボリュームを減らす」ではありません
それらを噛み砕いてアウトプットするのはwebライティングのテクニックですが、プロのwebライターならいざ知らず、web担当者が一朝一夕で身に付けることはできません。
なので、自社のweb担当者がコンテンツのボリューム不足に悩んだ時は、イラストや画像を増やして情報を補うと良いでしょう。

あらかじめ「Webライティングのボリュームが不足しそうだな」や「淡白なページになりそうだな」と判断できるのであれば、イラストや画像を入れることを想定したページ構成やデザインを考えましょう。

レイズでは、Webライティングを中心としたコンテンツ作りとコンバージョンに繋げるサイト設計を得意としています。
どんなにサイトが素晴らしくても検索結果上位にならなければ意味がありません。

株式会社レイズは、Webライティング、コンテンツSEO、サイト制作(スマホ対応)、ランディングページ作成などを承っております。
より効果的なコンテンツをご希望の方は、お気軽にご連絡ください。
お待ちしております。


SEO対策コンテンツ・マーケティング

レイズ編集部 • 2015年8月23日


Previous Post

Next Post