GREEN_YA20140125-thumb-815xauto-16640

Webライティングで「何かおかしい」と思ったら


WebサイトのコンテンツやSEO対策を試みようと、文章(Webライティング)に奮闘するWeb担当者は多いことでしょう。
そして、そんな彼らがよく陥るのは

「見た目は整っているのに、書いてみたら文章が変だな」
「伝えたい事とはちょっと違うな」

という“何かおかしい”と感じる現象です。

 Web担当者の多くは、文章力を買われたのではなくWebの知識があるから担当になっているに過ぎません。
Webライティングの知識に関しては、付け焼き刃の人だらけと言って良いでしょう。
だからこそ、コンテンツSEOの企業やWebライターとの技量が歴然と現れるのです。

見た目はよく出来たページ構成なのに、トップページとサービスページの内容が矛盾していたり、同じ内容のページが重複する事は素人さんによくあることです。
また、構想だけは一丁前でwebライティングし始めた途端、十分なボリュームを確保できずに「間抜け」なページになる事も珍しくありません。

 SEOまたはコンテンツ(コンテンツSEOも含む)の知識がなくても、Webライティングがしっかりしていれば、ユーザーに情報をしっかり届けることができますし、ユーザビリティの点からも素晴らしいWebサイトが出来上がります。
しかし、どんなにコンテンツSEOの知識があってもwebライティング自体が下手だと“何かおかしい”ページが出来上がり、ユーザーを困惑させます。

また、こうしたWeb担当者が書くWebライティングには癖があるので、大体同じポイントで“何かおかしい”点が見つかるハズです。
これらの修正が難しかったり、新たにWebライティングやコンテンツ作り、またはコンテンツSEOを一新したければ、プロのWebライティング(Webライター)やコンテンツ制作代行サービスを依頼した方がコストパフォーマンスに優れたコンテンツが生まれます。

すでに大手企業や先進的な中小企業では、コンテンツSEOを業者に依頼しています。

レイズでは、Webライティングによるコンテンツやリスティング広告から訪問してくれたユーザーをコンバージョンに繋げるサイト設計を得意としています。
どんなにサイトが素晴らしくても検索結果上位にならなければ意味がありません
ランディングページも同様です。

株式会社レイズは、Webライティング、コンテンツSEO、サイト制作(スマホ対応)、ランディングページ作成などを承っております。
より効果的なコンテンツをご希望の方は、お気軽にご連絡ください。お待ちしております。


SEO対策ライティング

レイズ編集部 • 2015年11月20日


Previous Post

Next Post