PAK23_husentomemo20140313-thumb-815xauto-16881

無駄な書き直しを未然に防ぐ


コンテンツSEOが注目されるようになり、コンバージョンに結びつける文章を書くこと(Webライティング)はプロのライター(Webライター)でも大変な作業です。
それは漠然としたアイデアを整理して理路整然と情報を伝えるだけでなく、ユーザーの感情も動かさなければいけなくなってきたからです。

Webライターにとって、苦労して書いた原稿を書き直すことは出来るだけ避けたいものです。

今回は無駄な書き直しを未然に防ぐ方法をご紹介します。

【あらかじめ書き直すだけの時間を設けておく】

文章の切り出しやテーマに対する視点、ストーリーの運び方を変えただけでも文章の印象は大きく変わります。

構成にどんなに時間を割いても、実際書き出してみるとどうしても1度や2度は書き直す機会が訪れます。
しかし、それは無駄な書き直しではなく、精度を高めるために必要な作業なのであらかじめ書き直すだけの時間を設けておきましょう。

【構想・構成には時間をかけても良い】

文章は一度書き出してしまうとテーマを変えることが難しいため、構想段階で内容を煮詰めておくことはとても大切です。

構想上の細かい問題点は実際に文章を書いてみるまではっきりと解りません。
ちょっとした修正はしばしば求められますし、大きな問題も覚悟しておくべきです。
だからといって、中途半端な構成のまま書き始めてしまうのは厳禁です。

建物で例えるなら土台や骨組みがしっかり出来ていないまま、建物を立ててしまうようなもの。

構想・構成に時間をかけないと結果的に時間と無駄な書き直しをする事になります。
構成に納得がいくまでは、辛抱強く案を練りましょう。

【不安な部分は複数の案をメモして後で攻略する】

文章を書いていると、説明の流れや言葉の表現に迷う部分が出てくるものです。
そのような場合は、複数の案を用意して、どれを選ぶかを後で判断しましょう。
そうすることで、悩んだ末に間違った形にしてしまう可能性も減ります。

一見、手間が増えるように思えますが、表現に迷ったら改善案をメモしてそのまま書き進めてしまって構いません。
時間を空けてから再度挑戦してみると、新しい考えも浮かんでくると思いますよ。

【編集作業は全て書き終えてから行うこと】

一文章、一段落が完成したそばから編集するのは悪手です。
細かく区切って編集していくと、パーツ毎はまとまっていますが、全体的にチグハグな文章が生まれやすいです。

編集作業は全体を通して行うことで編集回数が減り、精度も高まります。


webライティング構成精度

レイズ編集部 • 2015年11月12日


Previous Post

Next Post