insurance-539659_640

依頼者への事前確認はしっかり行う


コンテンツ制作を依頼された際、文章以上に気を使わなければいけないのが事前のヒアリング(聞き取り調査)です。
依頼者が意図する内容や表現の“正解”を導き出すには、ヒアリングが必要不可欠です。

どれほど多くの資料を用意し、掲載内容に関する知識があっても、webライティングが依頼者の意にそぐわなければ意味がありません。
Webライティングを行う際、依頼者に聞いておかなければいけない事は、質問表などにまとめておきましょう。

【商材の価値を公平な視点でみる】

クライアントの商材(商品・サービス・事業)の本質を理解していなければ、ユーザーを“その気”にさせる上手なwebライティングは出来ません。

クライアントだからといって手放しで称賛するような文章(提灯記事)では、ユーザーに届きません。
クライアントの商材の魅力を引き出すためにも、競合との違いや、先進性・独自性・シェアや知名度などを細かく聞き出しましょう。

長所だけでなく、短所も含めた正直な見解を示すことで、訪問者に誠実な印象を与える事ができます。

【絶対に守るルールを確認する】

 クライアントには「これは掲載して欲しい」「この言葉は載せて欲しい」「この言葉は使ってはいけない」など表記に関する要望があるはずです。
法令上の注意事項はもちろんですが、企業における“ルール”についても、漏れ無く確認しましょう。

【情報一つひとつの重要度と優先順位も考える】

 情報を掲載する順番や強調の度合いは、マーケティング上の判断に基づいて考えるべきなのですが、組織運営上の“しがらみ”や“好み”にも配慮して調整する必要があります。
原稿が完成してからでも多少の調整は出来ますが、構成に影響を与えるような類の情報については、それぞれの優先順位をひと通り確認しておくようにしましょう。

【言葉遣いやターゲットも細かく確認する】

Webライティングの印象を大きく変えるのが、敬語レベルやトーン&マナー(トンマナ)です。

トンマナはサイトのイメージユーザーに印象付ける要素でもあるため、具体的なところまで細かくヒアリングして損はありません。

レイズはしっかりとヒアリングを行い、クライアント以上にクライアントを知ってコンテンツづくりを行います。
そのため、説得力のあるWebライティングやコンテンツづくりに定評があります。
是非、サイトでお悩みの方はレイズにご連絡ください。


マーケティング

レイズ編集部 • 2015年10月8日


Previous Post

Next Post