search-engine-optimization-441398_640

キーワードの量を調整してクオリティを上げる。検索エンジンにもユーザーにも解りやすいページ作りを


SEOにおいて、上位表示させたいキーワードを散りばめることは、有効な手段です。
しかし、文章全体に対して必要以上にキーワードを盛り込むことはペナルティの原因となり得るので注意が必要です。

目次
1.キーワードはページ全体の1~2%
2-1.どうしてもキーワード比率が気になったら
2-2.ペナルティ対策も意識する

1.キーワードはページ全体の1~2%

相談を受けてみて、多くのweb担当者様が「キーワードを盛り込めば上位に表示される」と思っていらっしゃる事が分かりました。
キーワードだからといって、無理やり文章に組み込むことは逆効果です。
検索エンジンからは露骨に怪しまれますし、読み難い文章はユーザーからマイナス評価を受けます。
ページ上位化の要素として、キーワードの優先度はあまり高くありません。
キーワードは全体の1~2%でOKです。

2-1.どうしてもキーワード比率が気になったら

上位表示したいキーワードで検索して、1~10位のサイトを参考にして確認してみましょう。
明らかに多過だった場合、見直す必要があるかも知れません。
その際、単純にキーワードの数やパーセンテージだけでなく、文章全体に対してどのように使われているかなど総合的に判断するようにしましょう。

2-2.ペナルティ対策も意識する

ペナルティ対策として、キーワードの比率や近接度合にも注意しましょう。
極端にキーワードの数が多い。
もしくは不自然な連続使用は、検索エンジンからマイナス評価を受けます。
独立したタグで区切られた形であれば、多少は問題ありませんが、読み難い文章はユーザーからマイナス評価となることは覚えておきましょう。


SEO対策ホームページ制作

レイズ編集部 • 2015年7月22日


Previous Post

Next Post