メタ・ディスクリプションってまだ必要なの?2016年

メタ・ディスクリプションってまだ必要なの?2016年度版


メタ・ディスクリプションは一昔前に重要とされたSEO対策ですが、今ではそれほど重要視されていない手法です。

しかし、効果がないのかというとそうではありません。今日はメタ・ディスクリプションを有効に活用するための方法をご紹介します。

メタ・ディスクリプションとは

メタ・ディスクリプションとは、そのウェブページに書かれていることを簡潔に100文字程度で表現したものです。

昔は、ここに書かれた内容をgoogleやYahoo!などの検索エンジンが読み込み、検索結果に反映させていたため、SEO対策に重要なものとされていました。

しかし、実際のウェブページとかけ離れた内容を書き検索エンジンを騙すといった手法が増えてきたため、Googleは公式に「メタ・ディスクリプションは検索結果に反映させない」という発表を行ないました。

今では、検索結果にはほとんど意味のない手法として知られています。

ただし、メタ・ディスクリプションは、全く意味のない手法かというとそうではありません。

なぜなら、検索したユーザーにとって、重要な意味を持つからです。

これを説明するためには実際検索していただいたほうが分かりやすいでしょう。

例えば何かを検索した時、検索結果にページのタイトルと一緒にサイトの説明が表示されるのはご存知だと思います。では、この説明文は何が使われているのでしょうか。

実は、この説明文こそ上記で説明したメタ・ディスクリプションなのです。

もし、事前にメタ・ディスクリプションを設定していないと、検索エンジンはあなたのページから任意にテキストを抜き取ってここに表示してしまいます。つまり機械的に検索された内容がここに表示されるのです。これは非常に勿体無いことです。

なぜなら、検索結果に表示された説明文は、ユーザーにとってとても重要な指標です。これが機械的に検出された内容で書かれると、あなたのウェブサイトのクリック率に大きな影響を及ぼしてしまうからです。

メタ・ディスクリプション活用例

ひとつ例を見てみましょう。

(例)
このページはワードプレスで作った株式会社の紹介ページです。

検索結果に、このような説明文が表示された場合、あなたはクリックしてこのサイトを見ようという気になるでしょうか?おそらく、ほとんどの方はあまり興味をもつことがなく他のページを探すのではないでしょうか。

それではこの説明文ではいかがでしょうか?

(例)
コンテンツ・マーケティングのレイズが御社のウェブ集客を加速します。売上を獲得することを目的としたホームページ制作、リスティング広告、SEO対策、フェイスブック広告等を一括でお任せいただけます。

もちろん、最適ではありませんが、先ほどのものよりだいぶ興味を惹くようになったように思います。

現状、検索結果に表示された結果からユーザーがウェブサイトを実際にクリックするかの判断となるのは、この「タイトル」と「説明文」だけです。

つまり、ここに何を表示するかによって、あなたのウェブサイトがクリックされるかに大きく影響するのです。

メタ・ディスクリプションの基本的なポイント

それでは、メタ・ディスクリプションを設定するときの簡単なポイントをご紹介します。

1.目標とするキーワードを含める

メタ・ディスクリプションを設定する時は、必ずキーワードとなる単語(場合によっては文章)を設定しましょう。

もしユーザーが何かを調べるとき、説明文に調べたいキーワードが入っているとクリックする確率が格段にあがります。特別な事情が無い限りは必ずキーワードを含めるようにしましょう。

2.文字数制限を守る

説明文は、およそ全角120文字程度までしか表示されません。超過した分は「…」と表示され途切れてしまいます。

せっかく書いた説明文も表示されなくては意味がありません。伝えたい内容は120文字以内、その中でも特に伝えたいことは文章の前のほうで表現するようにしましょう。

3.ユーザーに伝わりやすく描く

一般的なSEO対策は、検索ツールに対してアピールしますが、メタ・ディスクリプションは人間に対しアピールするという要素が強いです。

検索エンジンへのアピールは、ある程度の法則を知っておけばそれほど難しいことではありません。

しかし、人間に対してアピールするには熟練したコピーライティングの力が必要です。

限られた文字数でいかに人間に対して訴求できるような文章で訴えかけなければいけないからです。

ユーザーが何を求めて検索をして、どのような情報を求めているのか?

そして、どのようにウェブサイトの魅力を伝えることができるのか?

こういった能力が必要不可欠なのです。

とはいえ、ライティングに慣れていない人とっては魅力的な文章を作るということは簡単ではありません。

もし、あなたの会社でテキストライティングの知識を持った方がいらっしゃらないのであれば、専門のウェブ会社に依頼するのも良いのではないでしょうか。

株式会社レイズでは、豊富な知識を持ったウェブライターが担当者に代わり、貴方の会社の魅力を伝えます。

本来の御社の顔としてのサイトの役割を強化します。


SEOwebマーケティングwebライティング

レイズ編集部 • 2015年12月14日


Previous Post

Next Post