student-849825_640

マークアップでライティングを活かす


Webサイト(ホームページ)とHTML(ウェブ上の文書を記述するためのマークアップ言語)は、切り離せない関係にあります。

マークアップ言語の「マークアップ」とは、Webライティングのテキストにタグなどを組み込み、文書の構造やレイアウト、修飾などを指定することを言います。
また、HTMLソース内に書かれたテキストの一部をHTMLタグで囲むことで、見出しやリンクなどの情報を付与したり、文字の大きさやスタイルなどの修飾情報を表現することです。
マークアップはWebサイト制作やSEO対策、ウェブライティングにおいてもとても重要な要素となっているため、Web担当者は知っておいて損はありません。

【論理と物理マークアップを区別する】

マークアップには「論理マークアップ」と「物理マークアップ」の2種類があります。
「物理マークアップ」とは、単純に文字に変化を起こすものです。
例えば、あるテキストを<b>タグで囲むと、太字表示という視覚的効果を得ることが出来ます。
このダイレクトな手法が物理マークアップです。

対して「論理マークアップ」を解りやすく説明すると、検索エンジンに対しても情報を与えるマークアップです。
<em>タグや<strong>タグでテキストを囲むと、視覚的には太字表示という効果を得つつも「強調したいから太字にする」という情報を付与できます。

このように2つのマークアップは、スタイルが異なりますが、今までのホームページ制作の現場では「テキストを太字で表示する」という見た目の効果ばかりが尊重され、物理マークアップも論理マークアップも区別されずに使用されるケースが少なくありませんでした。
しかし今では、物理マークアップと論理マークアップを上手に使い分けることが、より効果的なSEO対策になることが分かっています。

【見た目はCSS、構造情報は論理マークアップで表現】

ホームページ制作において“構造と見た目を分けて制御する”というWeb標準準拠を意識するのであれば、マークアップは論理マークアップを使用するようにしましょう。
そして、これまで物理マークアップで行っていた視覚的表現は、CSSによってコントロールするようにします。
Web担当者はテキスト制作者が太字指定したところを確認し、SEO対策する部分であれば論理マークアップに、視覚的に意味がある(SEOとしてあまり効果が見込めない)部分にはCSSで対応するようにしましょう。


SEO対策ホームページ制作

レイズ編集部 • 2015年8月25日


Previous Post

Next Post