scrabble-148971_640

1ページでいくつのキーワード対策をすべきか?


SEO対策の基本 1ページ1ワードの法則!

SEO対策を意識したWebサイトを作成していると、ついつい多くのキーワードを詰め込みたくなるものです。
しかし、ここで注意が必要です。
検索エンジンは「このページはどんな単語を中心に構成しているのか」も判断しているため、複数のキーワードが散りばめられていると「情報が薄い」と判断され、下位に表示されるリスクが高くなります。
また、複数のキーワードを散りばめたページは、ユーザーにとっても「何を伝えたいのか」が分かりません。
結果的にSEOの質とユーザービリティの低下を招く原因となります。
対して、1つのキーワードに的を絞ったページの方が上位に表示されるケースも珍しくなくなってきました。

理想は「1ページ:1キーワード」

検索エンジンは、キーワードを絞り込んだページを重視する傾向にあります。
また、ユーザーもページ内コンテンツがハッキリしている方が喜びます。
「1ページ:1キーワード」を意識することは、検索エンジンにとってもユーザーにとっても親切です。
「どうしても・・・」という場合は、2つに絞る努力をしましょう。
キーワードが3つ以上になると、SEO対策としてもユーザーに対しても“弱い”構成になってしまいます。
そのため、複数のキーワードを盛り込むのであれば、ページを増やして、それぞれのキーワードを目立たせた“強い”コンテンツを作りましょう。
キーワードを絞る事は、結果的にコンテンツSEOに有効な手段となります。

最近では“強い”ページを作るために、キーワード選びやコンテンツ作成を外注・依頼する企業が増えてきました。
それにあわせて、コンテンツSEO業者もニーズに合わせた代行サービスを提供してくれるようになってきました。
今後もSEOサービスはバラエティ豊かになっていくでしょう。


SEOキーワードマーケティング対策

レイズ編集部 • 2015年10月31日


Previous Post

Next Post