wood-cube-473703_640

サイト内文字数とキーワードの比率を理想の数値に近づける


SEO対策しているページの文字数と、そのページ内に入っているSEO対策キーワードの比率は、SEO対策上において大きな影響を及ぼします。
Webライティングをする際は、こういったところにも留意しなければいけません。

理想的なサイト内文字数

理想的なサイト1ページあたりの文字数は、SEO対策の業者や下請け、コンサルタントによって違いますが、おおよそ1000~2500文字程度が目安と言われています。
100文字や10,000文字といった極端な文字数でなければ、大きな悪影響は及ぼさないということが解っています。
おそらく1000~2500文字というのは、閲覧者が心地よく読み終えられるテキスト量でもあると思います。
この文章量の調節もコンテンツSEOのひとつであるといえるでしょう。

【テキスト量のバランスを考える】

ページ内のテキスト量が500文字以下であれば「情報がない無益なページ」、10,000文字以上となれば「ページ構成を考えずに情報を垂れ流しているユーザービリティが低いページ」と判断されてもしかたありません。
あくまでもSEO対策はユーザーへのサービスなので、ホスピタリティを意識して文字量を調整しましょう。

【文字数の調整はイラストやマンガでもできる】

営業や広報の方は、商品知識に優れていてもアウトプットが苦手な方が多いです。
一方SEO担当者は、伝える事が無くてもSEO目的で無理してライティングするケースが多いです。
本来は、コンテンツSEOの専門業社やwebライターに代行してもらうのが一番良いのですが、社内でテキスト量を調整するのであれば、イラストなどを使うと良いかも知れません。
文字数が少なければ、イラストを入れ、注釈や解説を追加することでテキスト量を増やす。
文字数が多ければ、イラストや表を使ってテキスト量を減らす。
といった具合に上手に表やイラストを使うと良いでしょう。

【理想的なキーワード比率】

キーワードの比率について、理想的な数値は2~8%程度といわれており、そこまで詰め込む必要はありません。
キーワードをh1タグに盛り込み、文章中に何度か登場していれば良いくらいの量です。
「キーワードがまったく入っていない」や「キーワードが山ほど入っている」というものでなければ問題ありません。
テキストによるSEO対策は基本であり、ほとんどの企業が取り組んでいる手法です。
だからこそ、しっかり取り組む必要があります。


SEO対策コンテンツ・マーケティング

レイズ編集部 • 2015年8月13日


Previous Post

Next Post