source-code-583537_640

ディスクリプションのSEO対策をする


meta description(メタディスクリプション、以下:ディスクリプション)タグは検索順位に大きな影響を及ぼすといわれています。
現在もディスクリプションのSEO効果について意見が分かれるところはありますが ユーザビリティ向上のためにもディスクリプションの最適化をしておいて損はありません。

目次
■ディスクリプションとは
■ページ毎にディスクリプションを設定する
■ディスクリプションのSEO効果
■適切な文字数とキーワード数。

■ディスクリプションとは

ディスクリプションは簡単にいうと、ページ内容をまとめた“概要テキスト”です。
そのため、サイト内にある「会社概要」「商品説明」「お問合せ」などそれぞれのページで設定しておく必要があります。
特にGoogleはディスクリプションの一致を嫌います。
ディスクリプションが同じページがあると、Googleは「内容が同じページがある」と判断しますのでSEO的に大きなデメリットになります。

■ページ毎にディスクリプションを設定する

ディスクリプションは検索結果にも表示されます。
ページ内容とディスクリプションに相違があると、クリックしてくれた人をガッカリさせてしまいます。
これが積み重なるとブランド力の低下を招きます。
だからといって「このページは○○のページです」「このページは▽▽のページです」というような、一部分を変更したページではなく、1ページ毎に違うディスクリプションにした方が効果的です。

■ディスクリプションはクリック率にも関係する

ディスクリプションは、間違いなくクリック率に影響します。
検索エンジン上でサイトタイトルの下に表示される部分です。
このページが、いかに魅力的なものか伝えられなければ、クリックされません。
料金や地方、特徴、他社との違いなどを、分野や何を専門としているのかなど、明記しておくとSEO的にも閲覧者的にも親切です。

■ディスクリプションのSEO効果

ディスクリプションにSEO効果があるのか、または、Googleが重要な指標として判断しているのかは意見が分かれている感はあります。
この問題はディスクリプションに「キーワードの詰め込み」というスパム行為が流出したためです。
現在、GoogleはディスクリプションタグをSEOの評価していないと考える人もいます。
しかし、ディスクリプションの同一を嫌っているという事業を鑑みると、少なくとも意識しているといえます。
また、SEO対策として効果がなくても、閲覧者のユーザビリティ向上のためにもディスクリプションをまとめる必要は十分にあります。

■適切な文字数とキーワード数

ディスクリプションの理想的な形式は、文字数は80~120文字、キーワードは1つか2つに厳選しましょう。
ディスクリプションの先頭にキーワードを書き込むと良いと言われています。
逆にオススメできないのが、キーワードの羅列や同じキーワードの使い回し(スパム的な書き方)です。
ディスクリプションは、SEOよりも「クリックしたくなる文章」を最優先に考えるとよいでしょう。


SEO対策ディスクリプションホームページ制作

レイズ編集部 • 2015年8月15日


Previous Post

Next Post