PAK88_tetuyaakenosyain20141123141151-thumb-815xauto-18076

もう少し文字数を稼ぎたい!


一度書き上げてしまった文章(webライティング)の文字数を増やすのは、なかなか大変です。
少し増やす程度なら接続詞や文字数の多い単語に書き換えれば対応できますが、新たに言いたい事や詳しい説明を追加するのはプロのwebライターの仕事です。

そもそも説明は、なるべくシンプルにまとめるべきもので、一度完成した説明を無理に“水増し”するのは下策です。
どうしても文字数を増やしたい場合は、説明本体の文字数を増やすのでなく、新たなブロックを追加してボリュームを稼ぐ方が懸命です。

【具体例を追加する】

説明自体には手をつけずに情報を追加するには、具体例を1~2個挿入するのも一つの方法です。
「ケース1」「ケース2」…といった利用例を挙げる分には、いくらでも頭に浮かんできますし、リアリティが増すことでユーザーも商品をイメージしやすくなります。
あまり入れ過ぎるとしつこくなるのが難点ですが、説明をより解りやすく効果もあるので、困った時にはまず試してみましょう。

【表や画像を挿入する】

 大きなスペースが「空白」になる場合には、表や画像などを挿入してスペースを埋めましょう。
画像は、なるべくページ内容を補足するものを使うのが基本ですが、単なるイメージ画像でも構いません。
人は“挿絵”のある文章を好むので、表組みや画像が多ければコンテンツも魅力的に見えます。

【引用文を挿入する】

 相当量のスペースがあり、どうしても文字だけで埋めなければならない場合は、第三者の説明を引用してみましょう。
説明内容に合致するものを探さなければいけませんし、使用に許諾を取る必要がある場合もあります。
さらに編集が必要となるケースもありますが、引用は説明を薄めることなく文字数を大幅に増やすことができます
また、第三者の意見を織り交ぜることで、説得力が大幅に高まります。

 今回はWeb担当者でも対応できるものをご紹介しましたが、もし困った事があればレイズまでご相談ください。
レイズでは説得力のあるWebライティングやコンテンツづくりを得意としています。
また、リスティング広告を絡めてコンバージョンに繋げるサイト設計にも定評があります。
サイトでお悩みの方はレイズにご連絡ください。
お待ちしています。


webライティング

レイズ編集部 • 2015年9月23日


Previous Post

Next Post