ウェブサイト保守・運用

ウェブサイトは作ったらそれで終わり、ということは決してありません。定期的な更新作業をすることでユーザーの反響を継続して引き起こし続けなければなりません。さらにサーバーやドメインの複雑な設定・保守管理、万が一の事故に備えたデータのバックアップなどのメンテナンスも必要になります。

もし、御社様にウェブサイトの担当者がいれば、担当者がウェブサイトの保守・運用をすればいいと思うかもしれません。しかし、ウェブの担当者がHTML・画像編集・トライティング・SEO対策・システム・プログラム・アクセス解析などウェブサイトに関する知識すべてに長けていることは稀だといえるでしょう。それに加えて、競合他社の動向に常に気を配り、対策を提案できる担当者となると皆無といっていいかもしれません。

ウェブサイトの保守・運用を外部の会社に任せるということは、御社様に様々なメリットをもたらします。

まずは高度なスキルの提供です。ウェブサイトの保守・運用を外部の会社に任せることによって、ウェブサイトの経験に長けた外部の会社の知識を小額で利用することが可能になります。

次に固定費の削減です。不定期に発生するサーバダウンなどのトラブルのために、専任のウェブ担当者を配置するのは費用の面からみても得策だとは言えません。しかし、外部の会社であれば、必要な時に適切なサービスを受けることが可能です。

ウェブサイトの保守管理や運営更新といったものは長い付き合いになります。是非とも600社以上の企業様と付き合いを持つ我が社にお任せください。

【ウェブサイト保守・運用】

ウェブサイト保守・運用

サーバなどインフラに関する保守・運用

サーバへの負荷、動作の不具合、セキュリティ対策などをウォッチして、問題があれば対処するという仕事です。必要に応じて、ウェブサイトのバックアップも行います。

  • サーバのバージョンアップ・動作管理
  • ウェブサイトのログを定期的にチェックし、問題が起こっていないか監視
  • セキュリティ情報を常に注視し、問題発生時の対応
  • ウェブサイトのデータのバックアップ
  • サーバやドメインの契約や期限についての管理

このあたりはウェブ担当者様や、通常のウェブ制作会社では苦手とする分野です。

規模が大きなウェブサイトになると、システムが複雑になり必要となります。

サイト改善に関わる保守・運用

ウェブサイトの反響や企業様のビジネスの進捗状況、業界の変化に応じてサイトに変更を加えていきます。この辺りには、ウェブサイトの保守ではなく運用といっていいかもしれません。また、コンサルティング的な要素が強くなるため、制作の技術だけではなくアクセス解析やSEO対策、ウェブマーケティングといった弊社の持つ強みが発揮される分野です。

  • ウェブサイトのアクセスを解析して、随時改善する
  • 企業様の得意分野の動向を注視し、ウェブサイトを改善する
  • 企業様と打合せを行い、その結果をウェブサイトにする
  • 企業様から質問に応じ、アドバイスを提供する

コンテンツに関する保守・運用

ウェブサイトは公開すればそれで終了とはなりません。常に最新のコンテンツを掲載し、必要があれば過去に公開したコンテンツも随時修正する必要があります。

  • 新規コンテンツの制作(コーディングも含みます)
  • 既存コンテンツの修正
  • 新規キャンペーンの実施

などが、コンテンツに関する保守・運用にあたります。お客様とキャンペーンの実施などを考えたり。新規ページを増やしたりする作業になります。このあたりは、ウェブサイトごとに必要なコンテンツを生み出す能力という、通常の制作とは別の企画力が求められます。

価格

サイト保守費用 20,000円~/月

サービスの流れ

ヒアリング メール又はお電話でご要望をお聞かせください。
ご提案&お見積もり ご要望に合わせて、お見積りをお出しします。
ご入金 お見積もりの金額をご入金いただきます。
施策実行 1ヵ月以内に運用開始いたします。