search-engine-optimization-411347_640

コンテンツSEOの要はwebライティング


Googleのパンダアップデート&ペンギンアップデートによって 被リンクとタグ操作だけの 小手先SEOは通用しなくなりました。
これからはコンテンツ(内容)の充実度が大きく左右することがわかっており今後、カギを握るのがwebライティング(コンテンツライティング)です。

〈最新アルゴリズムに対応する唯一の武器〉

Googleがサイトの中身を重要視するようになったという事は「検索エンジンの精度が高まった」ことを意味します。
さらに日本語を読み取る技術が向上し、細かいキーワード分析も期待されています。
サイトの評価項目としては――

① インデックス(トップページ)と各コンテンツとの関連性
② アクセス数およびアクセスに対するバックリンクの付き方
③ サイトの文章量と滞在時間のバランス

――などを総合的に判断していると言われています。
(ごく一例を挙げました。その他の項目は割愛)

コンテンツの充実度は 情報量に比例します。
だからといって、文字を羅列すれば良いという訳ではありません。
ベタ打ちのキーワードを流しただけのページを誰が読むでしょうか。
おそらく、ほとんどの方が読まずに「×」ボタンでページを閉じるでしょう。
離脱率・直帰率を下げる事も 検索エンジンからの評価に含まれますので ユーザーに楽しんでもらうことを忘れてはいけません。

〈検索エンジンから評価されるのはテキストだけ〉

現在のところGoogleは画像の良し悪しを判断できません。
「ゴッホの絵だから上位に表示しよう」「素敵な絵だから高評価を与える」という事はありません。
Googleにとっては、有名絵画もスタンプも等しく「画像」として認識されます。
ここに答えが隠れています。
「文章でなければ検索エンジンに評価されない」という点に気付くべきです。

確かにユーザビリティ向上のためにイラストや図解は大切ですがそれだけでは説明が不十分になりがちです。

タグやキーワードなどのテキストを主力に置いて「イラストや図解で興味を湧かせて、文章で補足・説明する」方が丁寧で親切なページになるでしょう。

〈コンテンツライティングはサイトの命〉

サイトはネットにおける、企業の「名刺」と言われています。
質の良いコンテンツを揃えることは、検索エンジンにもユーザーにも企業にも良い効果を与えます。
購買意欲を誘うコマーシャル、需要喚起、商品説明、アフターケア、問合せ―― 企業の全てがサイトに集約しています。
そのベースとなっているコンテンツライティングはサイトの命といえるのではないでしょうか。

〈レイズのコンテンツSEOで上位表示と集客力アップ〉

実際に商品を分析・判断、購入するのはユーザーです。
いくら検索結果が上位でも ユーザーから「良い」と思われなければ全く意味がありません。
レイズは、SEO対策とユーザーからの反応率(コンバージョン)を兼ねたライティング技術が自慢です。
マーケティング、コンサルティング、リスティング広告などで培ったノウハウと SEOの知識をしっかり学んだ 元・広報、元・新聞記者のライターがSEO効果を確保しつつ 新たなコンテンツの創出、拡充をサポートして内部コンテンツの質を高めます。
すでに500社以上の取引があり、これからも精進して参ります。
レイズのwebライティングは、検索エンジンもユーザーも喜ばせる自信があります。


SEO対策webライティングコンテンツ・マーケティング

レイズ編集部 • 2015年11月5日


Previous Post

Next Post