file0001673731860

Webライティングの定番スタイル


Webサイトの中には、Webサイトを評価する「クチコミサイト」があります。

クチコミサイトはコンテンツSEOとしても有益なコンテンツといえます。
こうしたクチコミサイトの評価基準は、一般消費者やユーザーがWebサイトまたは企業サイトを訪問して「見やすかったか」「使いやすかったか」「丁寧な対応だったか」などの理由があります。
これらの要素はWebライティングによる影響が大きいです。

WebライティングはWebサイトの要ですので、Webライティングが読み難くなるのは避けるべきです。

今回は、Webライティングにおける様々な定番や基本構造を紹介します。
Webライティング初心者は基本として押さえておくと良いでしょう。

Webライティング(文章)の基本構成

・ページタイトル(HTMLのtitle)

Webライティングにもスタンダードなスタイルがあります。

まずは、ページタイトルです。

HTMLの仕様上、全てのページにはページタイトルをつけた方が望ましいです。
一般的に、ページタイトルはブラウザの上枠に表示され、ブックマーク登録や検索エンジンによる検索結果一覧にも表示されます。
ページを読まなくても、検索者に内容の違いが分かるように、各ページにはそれぞれ別のタイトルを付けておくと良いでしょう。

ページタイトルを変えることはGoogleのSEO、人がサイトに流入する際にも有効です。

・サマリー(説明文)

ほとんどのWebページでは、個々のページの冒頭にそのページの内容を短くまとめたサマリー(説明文・要約)を置くことが多いです。

ユーザーにとっては、どのような情報がページにあるのか最初に分かることで、長い本文でも最後まで読むかどうかの判断材料になります。
しかし、サマリーに肝となる解説(ネタバレ)を書いてしまうと、それに満足したユーザーは離脱してしまう傾向にあります。
ですので、必ずサマリーを書かなければいけないという事はありません。

・見出し

Webライティングにおいて、見出しは必須です。

何について書いてあるか解らなければ、ユーザーも困惑します。
特にWebライティングを主軸にしたコンテンツSEOには、見出しは必須です。

文章は適度に章・節・項に分け、それぞれ見出しを分けて記述していきます。
ユーザーは見出しを見てから本文を読むかどうか判断する傾向が強いので、なるべく興味をそそるような見出しを付けておくのが肝心です。
ユーザーに全てを読んでもらえなくても、興味のある段落だけでも読んでもらえるように、ブロック(段落)ごとに文章をまとめておくと良いでしょう。

株式会社レイズでは、Webライティングを主軸にしたコンテンツSEOを勧めています。
Googleのガイドラインや仕組みを分析しても、まだまだSEOの中心はWebライティングにあります。

レイズの強みであるWebライティングによるコンテンツSEOをお試しください。
実績も踏まえてご紹介させて頂きますので、ご興味のある方は、是非、お気軽にお問い合わせ下さい。


webライティング

レイズ編集部 • 2015年11月15日


Previous Post

Next Post