social-367943_640

『Google+の仕組みを理解してアクセスを増やす


ソーシャルメディアの代表格としてFacebookが取り上げられることが多いですが、実はGoogleも「Google+(Googleプラス)」というソーシャルメディアを展開しています。
簡単にGoogle+を説明するとFacebookとtwitterの“良いとこ取り”をしているようなイメージです。

【Google+の“良いとこどり”とは】

Facebookは友達同士で繋がり、情報交換、コミュニケーションを行うツールです。
一方、twitterは、一人でも他人の情報を閲覧することができる上に、それほど親しい間柄でなくても繋がりやすい仕組みになっているツールです。

Google+は「サークル」という機能によって、自分の投稿をコントロールできます。
とりあえず、誰とでも繋がることも可能ですし、投稿する情報ごとに誰に見せるかを細かく指定して公開できます。
少し難しく思えますが「投稿する情報を“誰に見せるか”細かく指定できる」という点以外は、Facebookやtwitterと大きな使用感の違いはありません。

【使い勝手の良さは、Facebookとほとんど変わらない】

まだ、企業による利用はあまり進んでいないイメージがあるGoogle+ですが、Facebookページのような「Google+ページ」という機能もあり、Facebookの「いいね!」ボタンの代わりに「+1」ボタンが存在しているなど、サービスの内容はかなりFacebookを意識したものになっています。
「集客」という点では、Facebookやtwitterとほぼ同様の手法で通用します。
最初のうちは、たくさんの人をサークルに入れて、多くの人とコミュニケーションを取るところから始めると良いでしょう。
Facebookを普段から利用している方は、きっと違和感なく入っていけると思います。

【Google+は画像の表示がキレイ】

 Google+は、投稿された画像が他のソーシャルメディアと比べてキレイに表示されるので、イラストや写真が好きな人に好んで利用される傾向にあります。
そのため、デザイナーや写真が趣味のコミュニティが作りやすいというデータもあります。
そうでなくても、画像の入った投稿は、人から閲覧されやすくなりますので、積極的に画像を投稿しましょう。

【検索エンジンとの関係にも注目】

やはり、Google+を無視できない理由として、検索エンジンの運用会社である“Google”が運営している点が挙げられます。
すでにGoogleの検索結果にGoogle+のアカウントが影響を及ぼすようになる動きがあるようです。
もしかしたら、今後Google+の投稿やリンク、「+1」ボタンなどが、検索エンジン上に無視できない影響を与えることがあるかもしれません。
現段階においては、twitterやFacebookがソーシャル・ネットワークの代表と言われていますが、Google+の今後の動向もチェックしていきたいところです。


Google+webマーケティング

レイズ編集部 • 2015年11月23日


Previous Post

Next Post