SEO

インデックスされないのはサイトが弱いから。強くする方法教えます。


Web担当者様から「サイトが思い通りにインデックス(登録)されない」という相談を受けることがあります。
比較的Googleに起こりやすい現象といえますが、大きな原因として「SEO対策が弱い」「webサイト全体のコンテンツが薄い」に尽きます。
もしかしたら不適切なキーワードを使用していたり、1ページあたりのキーワードが複数で検索エンジンから「何が伝えたいのか良く解らない」と判断されているかも知れません。

目次
1.サイトが薄ければ濃くする意外に道はない
1-1.サイトの構成の見直し
1-2. 餅は餅屋に任せましょう

■1.サイトが薄ければ濃くする意外に道はない

ここではSEOの重要性について特筆しませんが、サイトコンテンツが全体的に薄ければ濃くしていくほか道はありません。
Webサイトを濃くするには、コンテンツ作成と運営にもっと注力していくほかありません。
内容が薄いサイトは、キーワードが不適切で、特に下層ページがインデックスされ難い傾向があります。
また、webページの同一性も確保されていない可能性も考えられます。
きちんとSEO対策ができているかの判断は個人では難しいので、SEO業者に相談して下さい。
まずは個人で出来るところからはじめましょう。

■1-1.サイト構成の見直し

まずは、サイト構成の見直しをしてみましょう。
「トップページでどんなサイトが解るか」
「リンク先を間違えていないか」
「誤字・脱字はないか」
「誤解を招く情報はないか」を確認してみて下さい。

その次に「このページのキーワードは何か」
「きちんとキーワード対策してあるか」
「サイト全体と各ページの関連性があるか」などを確認して下さい。

見やすさについては、第三者から意見を聞くと意外な発見があるかも知れませんよ。

■1-2.餅は餅屋に任せましょう

確認・修正作業(企業の人材を投資)しても改善しないというのであれば、SEO業者に外注するしか方法はありません。
SEO業者でしたらSEO対策はもちろん、リスティング広告やWebマーケティング全般に関する相談にものってもらえます。
また「アイデアは有るけど技術が無くて困っている」が解消されるため、企業のカラーを押し出したサイトづくりがやり易くなっています。
そういった理由から、最近はSEO業者とパートナーシップを結んで代行してもらうのが主流となっています。


SEOホームページ制作

レイズ編集部 • 2015年11月17日


Previous Post

Next Post